« なぜかもてる人 | メイン | 血圧にいい食事 »

偏見とプライド

映画にもなってる「偏見とプライド」ですが、読んだことありますか?
または見たことがありますか?
いい映画です、ただ、あの時代の事が分かっていないとむずかしい部分もあるかもですね。

イギリスの田舎村に住むエリザベス・ベネットは5人姉妹の次女。
不自由ない暮らしは送っているものの、先行きは常に不透明です。

なぜならベネット家には跡継ぎになるべき男児がおらず、
家長であるベネット氏が死去すれば、その所有物はすべて従兄弟の元へと流れ込んでしまうからだ。
したがって、ベネット夫人の願いは唯一つ。
娘たちが適度なお金持ちと幸せな結婚をすること。
それだけ。
なんだか今と似てる???

そんなある日、村にロンドンから2人の富豪がやってくるんです。

充分過ぎるほどの資産を持ち、悠々自適な生活を送る彼らはたちまち村の話題の的となり、
娘を持つ親たちは一様に色めき立つのですが。

懇親会を兼ねた舞踏会で富豪のうちの一人・ビングリー青年が心を奪われたのは、なんとベネット家の長女・ジェーン。
喜びに我を忘れ、公衆の面前で醜態をさらすベネット夫人をよそに、
次女エリザベスは自分の容姿をこっそり貶していたもう一人の大富豪・ダーシー青年に、ひそかな失望と怒りと悲しみを抱くのだった。

というところからですが、ダーシーはすごいプライドが高く、
エリザベスは偏見を持ってしまうんですね。
本当はひかれあっているくせに。

で、なにがいいたいの?この映画・・・ってところはありますけど、見応えはあります。
是非!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.ockley.org/mt3/mt-tb.cgi/45

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2017年07月01日 00:04に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「なぜかもてる人」です。

次の投稿は「血圧にいい食事」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.38