« スペル間違い | メイン | そんなんだったのか、、 »

名付け親

なにかの、、っていうか、ほとんどは子供とか、ペットとか、なのでしょうけど、
名前をつけるって事がありますね。
フランスでそれで夫婦で(おそらく)喧嘩になってなんと裁判にまでなったらしく、
そうなると判事が名前をつけることもあるのだそうです。

なんでも、女の子なのに男の子みたいな名前をつけようとした
片方の親が反発したらしいけど、、、、なんだかすごいね。

フランスでは男女両方に通用する名を付けるという習慣がなくて、
多くの名前はFrancois(フランソワ)とFrancoise(フランソワーズ)、
Jean(ジャン)とJeanne(ジャンヌ)、
Christian(クリスチャン)とChristiane(クリスチアーヌ)
のように綴りの点でもはっきりと区別がなされているからだとか。

それにしても、、、いいじゃないか、と思ってはいけないのだろうか、

判事も大変な仕事ですな笑

でも人の名前をつけるのって好きだから、この場合はいいな(^^)、
判事になっても(なれるか!!)。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.ockley.org/mt3/mt-tb.cgi/58

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2018年07月01日 00:19に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「スペル間違い」です。

次の投稿は「そんなんだったのか、、」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.38